ソフトバンクG倒産危機!?その理由は?分かりやすく解説

昨今、ソフトバンクグループが経営危機にあるという噂が後を絶ちません。
今回はその理由と、今までの経緯を分かりやすく解説していきたいと思います。

ソフトバンクが2020年3月決算で純利益7,500億円の赤字(営業利益1,3兆円の赤字)となる見通しを発表

ソフトバンクグループは、2020年3月決算で、純利益が7,500億円の赤字(営業利益1,3兆円の赤字)となる見通しを発表したワン。

7,500億円の赤字!?
なんでそんなに赤字になったの?

原因はいろいろあるけど、なかでも投資事業の失敗が大きな原因と言えるワン。

ソフトバンクGが行うベンチャー投資は危険?

ソフトバンクグループが行っているのは、「ベンチャー投資」と言われるモデルだワン。

ベンチャー投資とは

ベンチャー投資とは、上場していない企業にお金を出資し、その企業を上場させることによって、その株を売却し利益を得るという投資方法です。
上場していない企業は株価が低いので、上場させることによって企業価値を高め、利益を得る、そういったモデルです。

しかし、上場していない会社は、どんな会社か分からないというのが実態でもあります。磨けば光る原石かもしれませんし、はたまたその反対かもしれません。
そういった点でのリスクは大きいと言えます。

リスクは大きいけど、上手くいけば凄く儲かりそうだね。

そうだワンね。しかし、今回ソフトバンクグループはこのベンチャー投資が原因で大きな損失を出すこととなってしまうワン。
中でも話題になっているのが、「ウィーワーク問題」だワン。

ウィーワーク問題とは?

今回ソフトバンクGは、アメリカのウィーワークというレンタルオフィスの会社に巨額の資金を投資しました。
しかしその後、ウィーワークが破綻しかけてしまい、ソフトバンクGは後に引けず、またもや追加でウィーワークに投資しました。

しかしこの追加投資をめぐり、世間からは「本当にウィーワークにそんな価値があるのか」と疑問の声が上がりました。

実際、ウィーワークの評価額は、2019年1月時点では約470億ドル(約5兆1000億円)だったけれど、2019年9月に再評価した結果、約80億ドル(約8500億円)まで下がったワン。
そのため、上場計画を撤回するという事態に陥ったワン。

たった9か月で5分の1以下になっちゃった!
価値があると思って沢山投資したけど、実際は思っていた5分の1の価値しかなかったって事?!

そういうことだワン。さらに、他の投資先も経営悪化が相次いでいるワン。それに加えて昨今のコロナ騒動が世界中で起きているため、投資先の経営悪化に拍車がかかっているワン。

それはピンチだね…。
まあ、コロナ騒動による経営悪化はソフトバンクグループの投資先だけに言えることじゃないよね。

孫正義さんが多額の借金を抱えている

ソフトバンクグループの代表取締役である孫正義氏は、ソフトバンクグループの株を担保に銀行から多額の借入をしています。
担保にしている株数は、2億2千7百株(8,700億円相当)です。
恐らくその半分くらいの金額、つまり4,000~5,000億円の借入をしているのではないかと言われています。

しかしここ数か月、ソフトバンクグループの株は、先ほどのウィーワーク問題などによりかなり下落したワン。3月には、ピーク時の半分以下である2,600円台まで落ち込んだワン。これは3年以上ぶりの安値だワン。
ここで出てくるのが、先ほどの担保の問題だワン。
ソフトバンクグループの株価が下がるということは、孫さんが銀行に預けた担保の価値もか下がるということだワン。

最初に8,700億円相当の株を担保として預けたけど、株価が半分になったら担保の価値も8,700億円→4,350億円になっちゃうって言う事だね。

そうだワン。そうなるとどういった事態が起きるかというと、孫さんは銀行に、追加の担保を入れないといけなくなるワン。

担保の価値は8,700億円のままにしないといけないもんね。下がった分は追加しないといけないんだね。

そうだワン。そこで孫さんが発表したのが、
①資産売却4,5兆円の資産売却
②2,5兆円の自社株買い(発行株式の45%を取得)
の2つだワン!

そうなんだ!①の資産売却は分かるけど、②の自社株買いっていうのは何?

自社株買いとは?

「自社株買い」とは、市場に出回っている株を自社で買い取って、その株を消却してしまうことだワン。
そうすると株数が減るので、一株当たりの株の価値が高くなり、議決権が上がるワン。
すなわち今回でいうと、孫さんの持っている株の価値も高くなって、配当金も上がる訳だワン。

なるほど、それで担保にしている株価の価値を戻すってことだね。
孫さんだけでなく、ソフトバンクグループの株を持っている人にとっては嬉しいね。

そうだワン。なので孫さんがこの発表をしただけで、ソフトバンクグループの株価が上がったワン。
この発表自体が、株価下落を食い止める為の施策だったのかもかもしれないと言われているワン。
しかし自社株買いは実際に3月より行われていて、今後1年かけて2,5兆円分を買っていく予定のようだワン。

そうなんだ!

ソフトバンクグループの今後は?

2020年3月27日時点の情報によると、孫さんは保有するソフトバンクグループ株の40%相当を担保に入れているようだワン。
しかし、他に1,3兆円の資産があるようだワン。

担保に入れている資産の他に、1,3兆円も資産があるんだね!

そうだワン。
これだけの規模だし、すぐに倒産などということは考えにくいワン。
孫さん、そしてソフトバンクグループの今後の動きに要注目だワン!!

Follow me!